自営業でもETCカードが作れる

自営業でETCカード作成のお困りの方へ

自営業でETCカードが作れないとお困りの方は、このサイトを参考にして頂ければ簡単にETCカードが発行されます。

 

自営業,ETCカード

 

自営業やフリーラーンスの方、起業まもない場合など、個人のクレジットカードと違って審査が通りづらい法人の場合にはETCカードが作れないという場合が多く、高速道路を通行して仕事をしている方には大きな損失になると思います。

 

自営業の方などに向けた法人ETCカードは、一般には無い割引制度があって、最大で50%にもなる割り引を受けることが出来ます。

 

そこで、このサイトでは、新規開業してまもない法人・個人事業主・フリーランスの方に向けた、簡単に10日で作れる法人契約のETCカードをご紹介します。

 

仕事内容によって自営業の方は高速道路の利用が多い場合もありますね。

 

そこで自分名義のETCカードを利用している方も多いと思います。

自営業,ETCカード

自分名義のETCカードでも割引が効いたりと便利な面も有るのですが、確定申告の際に高速利用料金を帳簿に移す作業が面倒になりますね。

 

そこで個人事業主の自営業者でも簡単に作れるETCカードがあります。

 

こちらのETCカードは企業まもない法人の方、個人事業主で自営業者の方なども簡単に発行できるんです。

 

その秘密は『クレジット機能の無いETCカード』なんです。

 

クレジット機能がついていないので、審査がほぼありません。

 

これなら独立まもない個人事業主で自営業の方でも簡単に作れるんです。

 

しかも発行は申し込みから10日ほどと最短で作れるので早めに申し込んでおいたほうがお得に使えますよ。

自営業者向けのETCカードの種類

このご紹介しているETCカードは4種類あります。

 

いずれも『高速情報協同組合』という組合が発行していて、各カード毎にメリットが異なります。

 

ご自分の営業形態にあわせて申し込みをすると、大きな割引が出来て経費削減にもなりますよ。

 

法人ETCカード

高速情報協同組合

法人・個人事業主向専用で、どの地域、どの業種でもお得になるETCカードです。

 

色々な時間帯・場所などを通行する事が多い方向きです。

 

割引は休日と深夜に30%オフとなるので、夜の通行が多い運送業等の法人の方に特にメリットが大きいです。

 

割引:休日・深夜 30%オフ

 

デポジット:1万円

 

カード作成手数料:540円/枚  

 

複数枚発行可能 

 

車種限定無し(どの車での使用可能)

 

利用料金に請求手数料など5%が掛かります。

 

5%の手数料が掛かりますが、30%オフの時間帯に使える方はメリットが大きいいです。

 

↓法人ETCカードのお申し込みはコチラから↓

高速情報協同組合

 

首都・阪神高速道路ETCカード

法人ETCカード

首都・阪神高速(東、中、西日本高速道路、首都高速道路、阪神高速道路、本州四国連絡高速道路)用ETCカードです。

 

主に首都高速を使用する方にはメリットの大きいETCカードとなります。

 

通常の割引が30%から50%になる上に、

 

更に利用料金に応じて最大20%の割引が適用されます!

 

割引:30〜50%オフ

 



デポジット:1万円

 

カード発行手数料: 617円/枚

 

車両限定なので、車両ごとの契約が必要です。

その他の高速も使用は可能ですが、割引は通常の割引となります。

 

支払いスパン:月末締め、翌月20日頃に請求書発行、翌々月8日に口座振替 

 

↓首都・阪神高速ETCカードのお申し込みはコチラ↓
ETCカード高速情報協同組合

ETC法人ブラックカード

ETC法人カード作成

法人・個人事業主向けのETCカードです。

 

こちらも色々な時間帯・場所などを通行する方向けです。

 

主に休日や深夜に高速道路を通行する方にはおすすめですよ。

 

割引:休日・深夜 30%オフ

 

デポジット:1万円

 

カード発行手数料: 540円/枚  

 

車種限定無し(どの車での使用可能)

 

利用料金に請求手数料など5%が掛かります。

 

5%の手数料が掛かりますが、30%オフの時間帯に使える方はメリットが大きいいです。

 

内容的には上の法人ETCカードとほぼ同じです。

 

支払いスパン:こちらのカードは支払いが翌々月8日になります。

 

↓ETC法人ブラックカードのお申し込みはコチラから↓

高速情報共同組会

法人ETCカード(マイレージ付き)

マイレージ

 

個人事業主・法人向け(マイレージ付き)のETCカードです。

 

コチラが一番おすすめのETCカードで、朝夕の通勤時間帯に高速道路を通行する方向けです。

 

朝夕の通勤時間帯なら50%オフになる上に、マイレージも還元されます。

 

更に最大で70%もお得に高速道路を通行できるETCカードとなります。

 

しかも支払いが翌々月8日と、支払いスパンも助かります!

 

割引:休日・深夜 30%オフ 朝夕割引 50%オフ!

 

マイレージが貯まるので高速料金に利用可能!

 

デポジット:1万円

 

カード発行手数料: 540円/枚  

 

車種限定無し(どの車での使用可能)

 

5%の手数料が掛かりますが、30%オフや50%オフの時間帯に使える方はメリットが大きいいです。

 

支払いスパン:支払い日が翌々月8日になります。

 

↓法人ETCカード(マイレージ)のお申し込みはコチラから↓

マイレージETCカード

 

自営業なら誰でも作れるETCカードのメリット

このETCカードなら自営業の方、フリーランス、法人の方でも起業まもない状態からでもつくれます。

自営業,ETCカード

 

クレジット機能が無いので、審査がほぼないという利点が有りますので、簡単に直ぐに作ることが出来るんですよ。

 

この法人ETCカードを作るとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

大きく分けると3つのメリットがあります。

 

その3つのメリットとは?
審査が無いので簡単に作れる!

 

クレジットの審査が無いので簡単に作れます!

 

そのうえ、使用した分は銀行引き落としとなり、支払いスパンも『月末締め 翌々月5日に支払い』という自営業者には助かる引き落としスパンです。

 

クレジット機能が無いので、従業員に持たせたり、アルバイトでも安心して使わせる事が出来るのも魅力です。

 

また、引き落とし時に利用明細も出るので誰がどこで使ったが一目瞭然。

 

不正使用も防げる上に、確定申告時の経費計算も簡単!

 

自営業者の方には一番助かるETCカードです。

 

 

ETCカードで最大50%オフ!

 

このETCカードは首都圏を除く高速道路で朝夕最大50%割引のサービスがあります。

 

移動の時間帯が朝夕に限られる方には大変助かるETCカードとなります。

 

また首都圏専用のETCカードも最大30%オフと上記のカードに比べると劣りますが、現金や個人のETCカードを使うよりもお得になっています。

 

また、マイレージが貯まるカードなど全部で4種類のカードが有りますので、利用の用途に応じて選ぶことでお得度最大のETCカードとなります。

 

 

 

複数枚カードも発行可能!

 

そしてこのETCカードは複数枚のカードも発行可能なんです。

 

同じ引き落とし口座から複数のカードが発行できるので、自営業者の方で会社のクルマが複数台有るような業種の方でもお得に使えます。

 

先程も書きましたが、クレジット機能が無いので安心して渡すことが出来るのもメリットですね。

 

請求書は各カード毎に使用状況が分かるので、社員の不正使用も防げます。

 

 

 

このように自営業者の方や・開業間もない事業者の方でも簡単にメリットの大きなETCカードが”審査なし”で作れるんです。

 

自営業者のETCカードとは?

このカードは個人名義では作れません。

 

自営業、フリーランス、独立・開業間もない個人事業主の方が申し込めます。

 

クレジットの審査が無いので、年収所得や収入等の心配が無く自由に作れるので大変便利なETCカードです。

 

税金の申告時にも利用明細から帳簿に記入すれば良いので、クレジットカードの引き落とし明細から『どれだっけ?』なんて事をしなくて済みますよ。

 

この引き落とし型ETCカードの発行にはデポジットと呼ばれる出資金が必要です。

 

出資金は、たったの1万円!

 

個人の方の引き落としカードはE-NEXCOでも発行できるのですが、デポジットが最低でも4万円以上(月の利用が5000円未満の場合)かかります。

 

ですが、これだけのメリットがあるETCカード発行が1万円のデポジットで作れるんです。

 

複数枚カードの発行の場合は1枚あたり540円です。

 

発行は申し込みから約10日ですので、自営業者の方は作らないと損してしまいますよ。

 

自営業だとクレジットカードに通りづらいワケは?

自動車を使って仕事をしている方も多く、頻繁に高速道路を利用する場合では、ETCカードを持っていると非常に便利でお得に利用することができます。

 

自営業,ETCカード

 

ETCカードを持っていることで、自動的に高速道路の出入りを行うことができ、割引制度を設けているので、日常の中で高速道路を利用する頻度の高い方の場合では、現在では利便性の高いものとして取り扱われています。

 

そんな中、ETCカードについては、一般的にはクレジットカードに付随しているサービスになることから、クレジットカードを所有している方が利用できることが前提です。

 

普通の会社員の場合では毎月にわたって安定した収入を得ていることになるので、問題なく審査を通過させることができますが、一方で自営業者の場合ではクレジットカードの審査に通りづらいとされています。

 

その理由に関しては自営業者によって大きく分かれる部分になりますが、安定収入を得ていると判断されないケースもあり、不安定な収入の方の場合では通りづらい環境にあるということができます。

自営業,ETCカード

しかし、貯蓄を十分に有している銀行などでカードを作った場合では、審査を通過しやすい場合もあるので、諦めることなくチャレンジしてみることも一つの方法です。

 

カード会社によっては自営業者でも十分に対応している場合もあるので、口コミなどを参照しながら申し込むことも良い方法です。

 

>>自営業でも簡単に作れるETCカードはコチラ

自営業の方なら個人のETCカードを使うと経理が大変

個人事業主がETCカードを活用するならば、法人専用のプランを見ていくことが大切です。
交通費は経理で計上する際負担額が大きくなっていくため、費用を最小限に食い止めるETCカードを賢く使用する必要があります。

 

自営業,ETCカード

 

高速道路を通過する度に必要であった領収書を省くことができる点もメリットになるので、法人用のETCカードをチェックしておくことが賢明です。

 

クレジットカードのような引き落としが課されるため、企業全体の信用度を伝える一環として現在はETCカードを推奨する動きも出ています。

 

経理の方法に悩んでいる方は、クレジットカードと別に用意できるETCカードを上手に活用する方法から取り入れておくことが大切なのです。
それから円滑な経営を目指していくには、細分化できる環境を自ら構築することが大事です。

 

個人経営でやりくりしているところは、法人向けサービスを受ける機会が限られており、健全なビジネス環境をアピールしていくことが必要です。

 

このような点を踏まえ、交通費の効率化が見込めるETCカードを上手に利用することは、今後に関してもプラスとなる要素が出ていく要因となってきます。
個人個人で最適なプランを模索することが大事です。

 

そこでオススメなのが高速情報協同組合のETCカードなんです。

 

自営業の方なら簡単に審査もなく専用のETCカードが作れます。

 

経費計算も簡単ですし、支払いスパンも余裕があって大変便利なカードなんです。

 

>>公式サイトから自営業の方向けETCカードを作る!